医療費控除

医療費控除ってご存知ですか?


 1年間(1月1日~12月31日)に自分と家族(同一生計の)が支払った医療費が10万円を超えた場合確定申告をすると所得控除を受けることができる制度です。

  確定申告って?
   毎年(1月1日~12月31日)の所得にかかる税金(所得税など)を計算して、

  税務署に確定申告書や必要書類を提出する手続きのことです。

  所得控除って?
   皆さんが納めている所得税を少し安くしてくれる制度です。

    所得税=(収入-経費-所得控除)× 税率

  ですので、所得控除になる額が大きければ大きい程、納める所得税は安くなります。


 医療費控除を受けると納める税金が減るので、医療費が少し安くなる、とも考えられます。

 歯科の場合、インプラントやセラミックのかぶせものなど、医療費控除の対象にできる治療が結構あります。

 上限は200万円まで、課税所得額から控除されます。

 なお年間所得が200万円未満の場合は、所得額の5 %以上医療費がかかった場合にも申請できます。


 詳しいことはこちら(国税庁:医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例をご覧ください。